激走!!調教チェッカー
マイルCS2017予想 調教チェッカー
2017-11-19-Sun  CATEGORY: 競馬
マイルCS・・・。中波乱の予想。



先週の京都芝トラックバイアス完全に前、内だった。

外にまわしていざ!と伸び掛けると思いきや全く伸びず・・・。


果たして今回は・・・。


最強競馬ブログランキングへ

◎イスラボニータ

先週W80.4-12.7(馬なり)
今週W66.6-12.9(馬なり)

前走は好スタートから好位につける。


鞍上の意のままに動ける操縦性の良さは相変わらずである。


(天皇賞・秋は抜群の手ごたえではや仕掛けで敗北したのも記憶に新しい)


この馬自身、大トビであり前走のような馬場は苦手なはずではあるが


鞭を入れられるたびにぐいぐいとのびて二着。

4コーナーで周りが動いた時にはこの馬はまだ楽な手ごたえだった。

大トビな馬にとってこの枠はプラス。

調教は非常に軽く、今週はヤマニンリュウセイを大きく追走して


直線で並びかけるもさらに相手も伸びて併入。
動きも非常に軽やかではあるが・・・やや疲れがみられる。

この馬が最高の出来だったときはもっと唸るような前駆で直線を迎えることが多かった。


当日の気配要チェックだろう。




○ヤングマンパワー
先週W83.7-13.4(一杯)
今週W67.0-12.7(馬なり)


究極的に切れない馬・・・。


しかし、究極的にバテない馬である。


前走も外から前々で運び、直線は三頭のたたき合い。


毎日王冠は完全なるギアチェンジ戦となり

この戦いにもってこいなリアルスティールが勝利を収める。


故にキレを身上とする馬が上位にきていた。


そんな展開のなか、この馬はばてずに好走。


京都の荒場馬で逃げ馬2騎がつくるタフな展開になればあわやなシーンも!


追い切りは変則3頭併せのハードトレ。

追われると頭を上げるのは実戦でもそう。


前駆を垂直気味におろして走るパワータイプの典型。
スポンサーサイト
コメント0
マイルCS 有力馬・穴馬解説
2017-11-15-Wed  CATEGORY: 競馬
先週は諸事情により調教診断をお休みさせていただきました。


今週から気を入れ替えて頑張ります。





さて、今週も舞台を京都にしたG1、マイルチャンピオンシップが開催されます。


天候やら乗り代わりやらでなにやら波乱の様相を呈すレース・・・。


現段階での本命馬と穴馬は・・・!!↓↓↓


最強競馬ブログランキングへ


人気馬の前走は大トビな走りをするタイプだけにこの馬場はかなり走りずらかった。


しかし、好スタートを決め、鞍上の意のままに好位置をスッと取りに行けるセンスは抜群。


4コーナーでは周りが動いた時にはかなり楽な手ごたえで追走し


ムチが一発入るたびに伸びてきて2着を確保。


58キロの斤量と重馬場のハンデを乗り越えしっかりと動けたのは評価すべきところ。



活きのいい3歳馬がいるがベテランの域に立ったこの馬が円熟の時を迎久々のG1

タイトルを狙えそう。



穴馬はの前走は距離適性外。


それでも直線では外を回り直線であわやのシーンを作る。


この馬自身、切れるタイプではなくじわじわと伸び、バテ無いタイプであるので


当日、時計のかかる馬場であるならば距離短縮の恩恵を受けて今回もあわやのシーンを作る。
コメント0
エリザベス女王杯有力馬解説
2017-11-06-Mon  CATEGORY: 競馬

先週はなんとかみやこステークスで穴馬「ルールソヴァ―ル」を推奨し、2着に来るも


テイエムジンソクとエピカリスを軽視するという・・・。


まぁ、エピカリスは着外だったから大目に見てくれるよね!!!!笑



ただ


ここは


仕切り直しの一戦。


現時点での有力馬本命は・・・

最強競馬ブログランキングへ


前走は好スタートから二の脚も速く、好位置をキープ。




逃げ馬がうまく作り出したスローペースで稍行きたがる面をみせるも



直線では一瞬のキレを見せる。


直線ではやや包まれた格好になり


追い出しがやや遅れた感。



先週の調教でコースでしっかりと併せ馬。

二歳でかなり力のあるワグネリアンと併せて先着。




距離延長に申し分のないCW全力追い。


加速ラップを踏み、前走からの上積みも十分!!



次回はあの穴馬について考察します・・・!!!!!!
コメント0
みやこS予想調教チェッカー
2017-11-05-Sun  CATEGORY: 競馬
みやこS・・・。


大波乱の予感・・・。

京都ダ1800mは内枠有利の傾向。


外枠の先行馬はコースの特性上、大きく外を回らなくてはならない。



人気の2頭は大外・・・。


さらにテイエムジンソクの直前の動きがいいころと比べて時計面も物足りない。


前走はこの馬を信じていき切らなかったジョッキーの判断ミス。

今回は何が何でも押していくだろう。

それが今回あだとなるか・・・




エピカリスは実績面では文句なしの馬。


前走は包まれて追えずで不完全燃焼の一戦。


調教でも合わせ相手にアオられ、ラストも減速ぎみ。


大きく崩れることはないがここは使ってから・・・。




これらを踏まえてみやこSの本命は・・・・!!

アルゼンチンの本命馬も掲載!


最強競馬ブログランキングへ



先週坂路52.7-12.7(一杯)
今週坂路51.9-13.0(一杯)

中4週で追い切りを6本も消化。

先週は併せ馬で抜群の動きを披露。


今週は開門後時間がたった荒れた馬場でブレない力強い動きを披露。


前走はハンデが見込まれすぎた。

内枠の○○という格言があるように内枠を得意とするジョッキー。


単勝で。


トップディーボはノリさんがつきっきりで調教。

速い時計になればなるほどこのうまの味が生きてくる。


大穴はランキングにて。

どこからでも競馬ができてしまいは確実に追い込んでくる。


前走上り最速馬の距離延長は買い。
コメント0
京王杯2歳S2017予想調教チェッカー
2017-11-04-Sat  CATEGORY: 未分類
京王杯2歳S7017予想調教チェッカー

非常に「調教映え」する馬が多くいて混戦模様。ロンスパで味が活きる穴馬(下バナーをクリックすると表示されます)に展開が向きそう。

ギアチェンジ戦で勝ち星を挙げたエントシャイデン。スピードの物を言わせてどこまで維持できるかがカギとなるアサクサゲンキ。

どの様な結末になるのか・・・。



最強競馬ブログランキングへ


先々週坂路51.6-12.5(一杯)
先週坂路51.9-12.2(一杯)


仕上がりが早い血統だけに、この時期に2勝できるのはうなずける。


スタートに一抹の不安があるが、二の脚が速くスッと先団にとりつけることができる。



休み明けではあるが、早めに帰厩して坂路でハード調教。



かなり馬場が荒れた状態で追い切られた先々週、先週としっかりと加速ラップを踏んで走れている。


今週はあらかた仕上がってたために、軽めの調整。
ミルコもがっちりとおさえて内に秘める闘志は十分に感じられた。



○タワーオブロンドン

先週坂路53.3‐12.8(馬なり)
今週坂路56.5-12.5(馬なり)



前々走にみせた抜け出すとふわっとしたところを見ると、前走の運びが一番合っているのだろう。



ルメールJも短いところがあっているとの助言があり、距離延長は挑戦せず

1400mを選択。


今週の追い切りでは、気を抜くところもなくまっすぐに登板して終いもしっかりと伸びてきた。

この馬の特性をしっているルメールがどうのるか注目。
コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 激走!!調教チェッカー. all rights reserved.